ぽっちゃりさんにおすすめ!振り袖着こなし方法

DATE 2017.12.27

最近は小柄な方や、ぽっちゃりさん向けの洋服ブランドなんかがありますよね。
自分に合った服を着ておしゃれをしたい!という想いは、きっとみんな共通ですよね!
振り袖だって、上手に着こなせば体型を気にせずかわいくおしゃれに着こなすことができるんです。
そこで今回は、ぽっちゃりさんにおすすめな振り袖の着こなし方についてお話していきます!

どんな色を選べばいい?

まず、色の基礎知識として、膨張色と収縮色というものがあります。
膨張色とは、赤やオレンジなどの暖色系、パステルカラーや白などの淡い色のことです。
収縮色とは、青や緑などの寒色系、濃い色や黒などがこれに当てはまります。
普段の洋服でも、白は膨張する!黒は引き締まる!なんて気にすることがありますよね。
振り袖も考え方としては同じです。
ぽっちゃりさんには寒色系や黒系の収縮色がオススメです!引き締め効果ですっきり綺麗に見えますよ!

どんな柄を選べばいい?

これも色の選び方と同じで、洋服でもボーダーは広がって見える、ストライプはすっきり見えるってことありますよね?
振り袖にも横の柄と縦の柄のものがあります。
縦の柄には上から下への流れがあり、スッキリと見せてくれる効果があります。
ちょっと斜めに流れているようなものでもオッケーですよ。
柄の大きさは振り袖によって色々ですが、色数が少なめで、あまり小さすぎない柄のもの、上半身にあまり柄が多くないものを選べばより綺麗に着こなせますよ!

振袖の着付けは?特殊な方法がある?!

基本的に着物の着付けは、筒状になるように行います。胸が大きすぎないほうが似合うなんて聞いたことありませんか?
だけど補整やコツでスッキリと見せることができるので、ご心配なく。
ブラは着付け用のものを選び、ウエストにタオルを巻くことで筒状の体型になるよう整えていきます。
あとは襟元を詰め過ぎず、シャープに合わせることでよりスッキリと見せることができます。
後ろ衿も普通より気持ち余裕を持たせてあげると、首筋の美しさが映えて尚goodです!
お尻まわりが気になる・・・って方は、帯を変わり結びなどにしてカバーすることもできますよ。
着付けをお店でされる方はバッチリしてくれると思いますが、ご自身やご家族の方と一緒に着付けされる方はこのあたりをしっかりおさえて着付けてみてください!

まとめ

振り袖や着物に関しては、細身体型の方よりも少しふっくら・ぽっちゃりされている方のほうが似合うんです。
素敵な振り袖を選んで、いつもよりもグッとおしゃれでハッピーな一日を過ごしてくださいね!