成人式や結婚式のお呼ばれにも!振袖メイクのポイントを伝授!~一重&奥二重さん編~

DATE 2018.03.01

成人式や、結婚式などのお呼ばれで、晴れ着を着る貴重な機会、写真にだって残るのだからメイクも絶対に失敗したくない!
振袖に合ったメイクに仕上げて、できればいつもより盛った写真写りで決めたいのが女ゴコロ。
今回は写真写りがイマイチ〜なんて悩んでいる、特に一重さん&奥二重さん必見の振袖に似合うちょい派手メイクのポイントをご紹介します♪

◆着物メイクの基本

着物を着るときは、ここぞというお祝いごとや、特別なイベントが多いですよね。
振袖の場合は自分で着るということはほとんどないと思いますが、メイクだけは自分でやりたい!という人は、必ず着物を着る前にメイクは済ませておいてください。着用後では動きづらく、襟元や袖など、着物を汚すおそれがありますので注意してください。
そしてメイクをする前に、着物の色や柄とのバランスを考えて、自分がどんな雰囲気になりたいのかをしっかりと決めておくことが大切です。
実は、ポイントを押さえるだけで簡単に、着物に映える艶っぽい和風美人顔が出来るんです。
着物メイクをマスターし、こなれ感を醸し出して周りに差をつけましょう

◆ちょい派手くらいがちょうどいい!

艶やかな和装の前では、一般的なメイクは驚くほど目立たなくなり、メイクの意味を成しません。
かといって、やりすぎもおかしい・・・バランスが命の和装メイク。
基本は『普段よりちょっとだけ華やか』。
かといって洋装のパーティメイクのように、ラメやパールの光沢感でどうにかしようとすると、かえって下品な印象を与えてしまいます。
そこで、パーツを強調する事でインパクトを演出するメイクを目指す必要があります。

【アイライン】

一重は二重よりも目がシャープで小さく見えがちですから、アイラインをしっかりめに入れて目元を強調します。
一重や奥二重の人は、目を開けたときにラインが見えにくくなります。ですから、見える太さを確認しながら少しずつラインを重ねていくのがポイント。
【チーク】
チークは、着物の場合は目元と口元が濃くなるので薄めに。
口紅の色に合わせて、パウダーチークをうっすら入れるとよいでしょう。
チークを入れ過ぎると野暮ったくなるので、くれぐれも濃くなりすぎないように注意してください。
【リップ】
リップは着物も浴衣もはっきり色がわかるものがオススメ。特に赤は着物・浴衣の色を選びません。
赤以外だとローズや青みを含んだピンクや、コーラルピンクがオススメです。
ツヤのあるリップではなく、マットなリップにすると大人っぽい表情が作れます。

◆まとめ

実は和服にとてもよく似合い、日本人の美しさを表現できる一重。キリッとしたアイメイクに仕上げれば、誰よりも印象的な目元を作る事が可能です。ポイントを押さえたメイクで、さらにその魅力をアップし、ぜひ素敵な着物姿を作りましょう。