振袖のカラーでなりたい印象の自分に!「色」でイメージは大きく変わる?

DATE 2018.08.27

色の意味や心理的なイメージを知っておくと、その意味をふまえてどんな風に見せたいかを表現できるようになれます。人が受ける印象は「色」によって大きく変わるということをご存知ですか?普段何気なく見ている色には、本当にたくさんの効果があります。
振袖には赤や白、青など様々な色がありますが、「こうなりたい」と思うイメージがある場合、その印象に合った色を選ぶのがおすすめです。では、それぞれの色がもつ意味や心理に与えるイメージについて説明していきます。

◆赤

振袖の人気カラーである「赤」は、気持ちを前向きにさせるようなアクティブなイメージがあります。赤には生きる力や性を表していることから、神経を興奮させる・元気を出すという効果があります。また、古くから赤には厄除けや良い気を呼び込む力強いパワーが宿っていると言われており、女性をイメージさせる色でもあり、成人式などのおめでたい日にピッタリのカラーです。

◆青

青は情熱を意味する赤とは反対に、涼しさや爽やかさ、知性や冷静を感じさせてくれる色で、落ち着きのある大人なイメージに仕上げたい方におすすめです。日本では青の染め物に藍という植物が使用されており、藍は漢方薬でも多く使われていることから青は「身体の毒を浄化する」という意味が込められています。精神に関するものとよく結びつけられる色で、他にもエレガントな雰囲気や女性的なイメージを与えます。

◆白

汚れていないという潔白なイメージから、清潔感や純粋なイメージを与える色として結婚式でも用いられています。ピュアで可憐な印象を与えたいという方に最適なカラーです。日本人が好む色のひとつで、商品のカラーバリエーションの中には白が入っていることが多いです赤や青、黒など様々なカラーとの相性が良いため、ベースカラーはもちろん差し色としてもおすすめです。

◆黒

黒は全ての色を吸収した色といわれていて、何かを秘めた印象や影のある印象を与えます、シャープで重厚感があり、品のある印象に仕上がります。小物に赤や白などの明るい色を取り入れることで重くなりすぎず気品漂うイメージになります。有彩色を引き立てる色で、明るい色を引き立たせる効果があります。また、黒は引き締めの効果があるため、スタイルを良くみせたいという方にぜひお試しいただきたいカラーです。

◆まとめ

「おりえん」では、成人式にピッタリの華やかな振袖をたくさんご用意しております。お客様の一生に一度の特別な日を晴れやかな気分で迎えていただけるよう精一杯サポートいたします。成人式などで振袖のレンタルをご予約する際は「おりえん」までご連絡ください。