成人式の振袖を色で選ぶなら、パーソナルカラー診断が便利! 前編

DATE 2016.11.30

みなさん、成人式の準備は進んでいますか?
2018年成人の方は、振袖のカタログを取り寄せたり、早い人だと実際にお店に行って試着したりという方もいると思います。
成人式で初めて振袖を着るという方が多いと思いますが、振袖を選ぶ中で、思ったより柄や色がたくさんあって、どれを選べばいいか、なかなか決められない!という方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、振袖を選ぶ際にも役立つ「パーソナルカラー」に関するお話です。
パーソナルカラーってなに?という方も、聞いた事ある!という方もぜひ参考にしてみてください。

振袖選びにも役立つって本当?パーソナルカラー診断ってなに?

 

そもそもパーソナルカラーとは、その人が本来持って生まれた肌や目、髪の色と調和し、個性を引き立たせ、
その人の魅力を最大限に生かすことのできる色の事をいいます。診断を経て、自分自身のパーソナルカラーが分かれば、成人式の振袖選びにはもちろん、
普段のお洋服やメイクを選ぶ時にも参考にでき、それによってマイナスな印象を和らげたり、明るく華やかな印象を与えることができます。

みなさんにはもちろん好きな色とあまり好きではない色、それぞれ好みがあると思いますが、必ずしも好きな色=似合う色というわけではありません。
パーソナルカラー診断を行うことで、「今まであまり選んでこなかった色が、実はあなたの魅力を最大限に生かすことのできる色だった!」なんて新たな発見があるかもしれません。

パーソナルカラーは4つに分かれる!

 

パーソナルカラーは一般的に、イエローベースの黄みがかかった色味の「スプリング(春)」「オータム(秋)」と、
ブルーベースの青みがかった色味の「サマー(夏)」「ウィンター(冬)」といったように、4つのシーズンタイプに分類されます。
それぞれのシーズンタイプに特徴がありますので、まずはそちらをご紹介します。

○スプリングタイプとは?

スプリングタイプの方は明るくキュートな印象で、いつまでも若々しい雰囲気を持っているのが特徴です。
ガラスの様な、キラキラと輝くに澄んだ瞳の為、表情豊かな人が多いのも特徴です。

色調 イエローベース(黄みのある色)で、明るく澄んだきれいな色味です。
第一印象 明るく爽やかで、親しみやすくキュートなイメージ。
実際の年齢より若く見られることが多く、年齢を重ねてもかわいらしい印象を与えます。
黄みを帯びた明るい肌で、透明感とツヤが特徴です。血色も良く生き生きとして見えます。
明るいブラウン系が多く、絹のような繊細でサラサラとした髪。キラキラしたツヤがあります。
キラキラとした瞳の印象。瞳の色は明るめで、白目と黒目のコントラストがはっきりしています。

○サマータイプとは?

サマータイプの方は上品で清楚な印象があり、奥ゆかしさと芯の強さをを感じさせる、やまとなでしこの様なタイプです。女性らしさが一番の持ち味です。

色調 青みを帯びた、明度の高い穏やかな色調です。
第一印象 クールでソフトなイメージです。
幼い頃から大人びて見られることが多く、かわいいというよりは、きれいなお姉さんといった印象があります。また、エレガントで上品なイメージも与えます。
ピンク色を帯びた、きめの細かい繊細な肌で、日焼けしにくい肌です。
髪は細く柔らかく、ふわふわとした軽やかな髪です。髪色は真っ黒ではなくアッシュグレー系が多くなります。
ソフトで穏やかな印象です。瞳の色は明るく瞳孔がよく見えます。また白目と黒目のコントラストはソフトな印象です。

○オータムタイプとは?

オータムタイプの方は、大人っぽい印象で、落ち着きと強さを兼ね備えた雰囲気を持っています。
頬の赤みは少なく、陶磁器の様なつるっとした滑らかな肌と深みのあるダークブラウンの瞳が優しくてソフトな印象を与えます。

色調 黄みを帯びた色相で、色味が強く、少しくすんだトーンの色調。
第一印象 シックで落ち着きのある、少し個性的な印象があります。
また温かみがありナチュラルな一方、リッチでゴージャスなイメージもあります。
黄みの強い人が多く、ゴールドがかった深い色の方もいます。耳たぶや頬には赤みが少ないです。
暗めの茶色か黒の髪色で、量は多目で全体的に重みがあります。
色は暗めで落ち着いた印象です。瞳は吸い込まれそうに深く、白目と黒目の境目のコントラストはソフトです。

○ウィンタータイプとは?

ウィンタータイプの方は若い年齢から成熟した雰囲気を持つ方が多く、華やかさのある一方で、ミステリアスさも兼ね備えたタイプです。
また澄んだ瞳は白目と黒目の境目のコントラストがはっきりしており、存在感のある美しさを感じさせる人が多いのも特徴です。

色調 青みを帯びた色調で、明度や彩度がはっきりした色調です。
第一印象 キリッとしたクールでシャープな印象です。その一方で華やかでドラマティックなイメージもあります。
頬や耳たぶに赤みが少なく、ハリのあるしっかりした強い質です。
色は黒に近く、髪質は太くて硬く、ツヤツヤとした強さがあります。髪の量も多く、髪自体の存在感が強いです。
瞳の色は暗めで、瞳孔が見えにくく、シャープで強い印象です。白目と黒目のコントラストがはっきりとした、眼力のある黒い瞳です。

いかがでしたか?今回はパーソナルカラーとはなにか?ということと、それぞれのパーソナルカラーの持つ特徴をご紹介しました。
今週はここまで!次回の後編では、実際にどんな色の振袖を選べばいいのか?というところを徹底解説します!お楽しみに!