背が低くて悩んでいる方必見!身長が低い方のための振袖選びまとめ

DATE 2017.06.25

突然ですが、身長が低くて振袖選びに困っているという方いらっしゃいませんか?
「そもそも自分に合うサイズの振袖があるのか」「身長が低すぎて振袖は似合わないんじゃないか」など色々とお悩みになる方もいらっしゃると思います。

そこで今回は背が低くて悩んでいる方へ向けて、振袖の色や柄の選び方でかわいく見せたり、綺麗に演出したりなど、
身長の低さをカバーしてその魅力を引き出すことのできる振袖の選び方をまとめてみました。

身長が低い方には小さい柄がおすすめ

身長の低い方にまずオススメなのが、小さめの柄があしらわれた振袖です。
柄の大きいものを選んでしまうと、柄が主張しすぎてしまってごちゃごちゃしてしまったり、また柄が途中で見切れてしまい、全体のバランスが悪くなることがあります。
小花などのの小さめの柄であれば、柄が見切れるということも防げますし、柄が主張しすぎずスッキリと、そしてキュートな着姿にすることができるでしょう。

だからといって大きめの柄が絶対にダメだというわけではありません。
大きめの柄の場合でも、すきまや余白がうまく使われている柄であれば、ごちゃごちゃしすぎず、きれいな着姿にすることができます。

また身長の低い方の中には、少しでも背を大きくスラっと見せたいという方も多いでしょう。
そんな場合にポイントになるのが柄の方向です。

「縦縞は痩せて見え、横縞は太って見える」
こんな言葉、お洋服を選ぶ際に耳にしたことはないでしょうか?振袖でも同じで縦のラインを強調した柄の方が、身長が高く見える効果があります。

そんな方にオススメの柄が「辻が花」と呼ばれる柄です。
辻が花は元々は室町時代からある絞りを使った柄で、品格が高いものとされています。その斜めに入った藤のような柄は、縦のラインが強調され、着姿がすらっと見える効果があります。
柄の大きさも斜めに入った柄行きも、身長の低い方にぴったりの振袖です。

身長の低い人こそ似合う!かわいい色使いとは?

身長が低いことは悪いことばかりではありません。その特徴を逆に魅力にしてしまえばいいのです。
身長が低いからこそ似合う色使いで「カワイイ」を前面に押し出すということもできます。
身長の低い方からすると「カワイイ」と言う褒め言葉は逆に嬉しくないという方もいるかもしれません。しかし相性の良い色を選ぶことで、綺麗と言われる可能性も上がったりもします。

振袖の色は濃い目の色よりも、明るい暖色系の色がオススメです。またパステル系の色合いも、きつくなりすぎずに優しい印象を与えることができます。
例えば、ベビー系のピンクをかわいく着こなせるのは、身長の低い方の特権ともいえるかもしれません。

その他にも水色や黄色など、特徴的な色合いを着こなすことができるのもひとつの魅力です。成人式会場で他の人とかぶらない個性的な振袖を選ぶのもいいかもしれません。

最終兵器のハイヒール草履!

ご紹介した様に、身長が高く見える、また身長が低いからこそ似合う、そういった柄や色合いはありますが、そういったことに縛られずに気に入った柄の振袖を着たい!という思いはあると思います。
「けれど少しでも身長を高く見せたい」という方のための最終兵器がハイヒール草履です。

一般的な草履のかかとの高さは大体5cm程度なのに比べ、ハイヒール草履は、高いものだと9cmのものもあります。
厚底の草履は、その分かかと部分の側面が広くなるため、草履台が凝ったデザインのものも多く見られます。
カワイイ刺繍がほどこされてあったり、側面がボーダー柄になっていたり、個性的でかわいい草履がたくさんあります。

かかとの高い草履でひとつ気を付けたいのが、通常の草履と比べて、姿勢が少し異なるということです。
慣れない振袖姿は、ただでさえ動きが制限され疲れやすくなっています。
普段からハイヒールのパンプスを履いて慣れているという方は、そんなに疲れを感じないようですが、普段あまり履きなれていないという方は、ハイヒール草履を選ぶ際は気を付けるようにしてください。

またハイヒール草履には、草履台のかかと部分だけが高くなっているものと、つま先とかかとの両方が高くなっているものがありますので、
ハイヒールに慣れていないという方は、草履台の先とかかとの両方が高くなっているタイプの草履を選ぶとよいでしょう。

いかがでしたか?
身長が低くてコンプレックスに感じている方、少しでも身長を高く見せたいという方は、ぜひ振袖選びの参考にしてみてください。