密かなブーム?振袖の「紅型(びんがた)」ってどんな柄?

DATE 2017.07.10

振袖の柄や模様はたくさんありますが、今密かにブームになっているのが「紅柄」の振袖です。
紅型とはもともと沖縄を代表する伝統的な染色技法の1つで、最近では振袖をはじめとして、良く目にするようになりました。

今回はそんな紅型についてのお話です。
「周りの人より目立ちたい!」「個性的な振袖を着たい!」という方はぜひチェックしてください。

そもそも紅型とは?

紅型(びんがた)とは、沖縄の伝統的な染色技法の1つのことで、一般的には「紅型」と漢字表記されることが多いですが、沖縄県では「びんがた」とひらがな表記される場合が多いです。

紅型の「紅」は現在私たちが使っている「赤い」という意味ではなく、「色全般」のことを指し、「型」は様々な模様・柄を指しているといわれています。

赤色を中心に、緑、青、黄色などのはっきりとした鮮やかな色合いが特徴で、琉球時代からのその独自の技法によって仕上げられた美しい染め上がりの柄は、多くの人を魅了し愛されています。
絵画のような立体的な模様やその色彩の美しさは、時を超えて、いつの時代でも変わらない魅力を備えています。紅型振袖独特のデザインに身を包めば、あなたをより一層美しく着飾ってくれるでしょう。

紅型の歴史とは

紅型は沖縄にルーツがあるとお話しましたが、その歴史についてもう少し掘り探ってみましょう。

その昔、沖縄がまだ琉球王国だったころ、琉球王府や首里、そして浦添を中心に、女性の礼装、そして神事に関する古式の服装として摺込みの手法で染められたのが、琉球紅型の始まりだといわれています。

その後、14~15世紀ごろになると、中国や東南アジアとの貿易が活発になり、中国の印花布やインド、ジャワなどの染色技法が広く伝わるようになりました。
これらの手法は琉球古来のものとうまく調和しながら、沖縄独自の紅型が誕生したのです。

それ以来、琉球紅型は沖縄の気候風土や自然に育まれながら、琉球王府の保護の元、南国特有の神秘的な美しい染物として発展し、
中国の福建市場では東洋花布として貴重な交易品として愛されてきました。
紅型の洗練された芸術性や華麗さは、職人の手によって今日に伝えられています。

紅型の種類について

○ 本紅型(琉球紅型)

琉球紅型は単なる型染めではなく、より工程の複雑なもので、また天然染料が使われていなければ「琉球紅型」とは呼ぶことはできません。

本紅型の染めには、天然染料の鉱物性の顔料を微粒子化させたものが使われます。
本来、顔料は粒子が大きくまた不溶性であるため、とても染まりにくいのですが、南国の強い太陽光の中でも色が褪せにくいとという特徴があり、上手く取り入れられています。

琉球紅型は単なる型染めではなく、より工程の複雑なもので、また天然染料が使われていなければ「琉球紅型」とは呼ぶことはできません。
そして色鮮やかに染められた模様に、さらに顔料を柄を重ね、柄を立体的に見せる隅取りといった手法がとられます。

また琉球紅型の大きな特長が、その独特の柄です!
もちろん中国や本土の影響で古典柄のものもたくさんありますが、芭蕉や魚といった沖縄の自然や風物が取り入れられることも多く、独特の雰囲気をが魅力的です。

○ 京紅型

京紅型の場合、友禅染の染料で染められることが多く、はんなりとした色合いのものが多いです。

基本的に紅型友禅は型染めではあるものの、色注しは手ざしにを用いられ、染色工程に掛かる時間のほとんどが、その手ざしの手間となります。
「栗山紅型」と称される、特徴的な彩色のコントラストは、その技法により表現されています。

○ 江戸紅型

江戸紅型は、琉球の紅型を関東で好まれれやすいような渋好みにし、江戸独自の型染め技法で染めたもののことを言います。

琉球紅型との大きな違いは染め方と型紙の枚数です。
琉球紅型の場合は、糊を置くために型紙を用い染料を2度塗りし、色を定着させるために刷毛で刷り込みます。一方、江戸紅型の場合は、糊を置くために型紙を用い、また染めにも1色に1枚の型紙を用います。
そのため柄によっては数百枚の型紙を使って染めることもあります。

このように「紅型」と一口で言っても様々な技法によって染めなどの作業が行われ、それぞれ特徴を持ち合わせています。
興味のある方は、ぜひ一度振袖を選ぶ際に紅型の振袖があるかどうか、お店の方に確認してみるといいでしょう。