振袖って寒いの?成人式の防寒対策まとめ

DATE 2017.07.25

成人式は1月に行われますので、防寒対策について気になるという方も多いと思います。
振袖はばっちり選んだけれど、それ以外の防寒グッズが適当なもので、結局着姿もあまり美しくない… という風にはなりたくありませんよね。

そこで今回は成人式の防寒対策についてまとめてみました。

そもそも振袖って寒いの?

1月といってももちろん地域によって気温は様々です。
またもちろん会場によっては、暖房がしっかり効いている新しい設備の場合もあれば、昔ながらの公民館のような場所の場合、隙間風が入ってくるなんてこともあると思います。
このように成人式の会場や式典の時間などによっても対策方法が変わってくるので、まずは自分が参加する会場がどのような会場なのかをしっかりと把握した上で対策を行いましょう。

まず基本情報として、振袖は思うほど寒くはありません。
確かに振袖を含め、着物は暑さ対策として袖口が広かったりしますので、普通の洋服に比べると寒いのでは?と感じると思います。
しかしそこまで心配をする必要はありません。なぜなら着付けの段階で重ね着をするからです。

実際に着付けをしてもらうとわかりますが、振袖の着付けは、下着の上に補正用のタオルを挟み、その上に肌襦袢、長襦袢、そして振袖、さらにそこに帯を締めますので、胴体の寒さはあまり感じません。
重ね着のそれぞれの生地はそこまで分厚くはありませんが、1枚1枚の間に空気の層ができますし、また振袖には裏地もついていますので、保温性はそれなりに高くなっています。

もちろん先にお話したように、会場にもよりますが、成人式の会場は暖房が効いていることがほとんどです。
その場合、もし「ヒートテック」のようなインナーを着込んでいたとると、着慣れない振袖、また帯で体を締め付けていることによって暑く感じ、気分が悪くなったとしてもその場で脱ぐということはできません。

ですので、よほどの寒冷地ではない限りは、下着に何枚も肌着を着たり、タイツを履いたりという必要はありません。
ただ移動の電車待ちの間や、式場の外で長時間過ごすこともあると思いますので、そんな時のために、ショールを持っていくと良いでしょう。

成人式振袖の防寒はどこを温めるのが効果的?

振袖を着ていて特に寒さを感じやすいのは、首、腕、そして足先の3か所です。
ですので少し寒いと感じた時は、この3か所を中心に温めると良いでしょう。冷え性の方は分かると思いますが、足先は特に冷えやすいので、対策はしっかりと知っておいた方がいいと思います。

○ 足の防寒対策

振袖の時は草履を履くのが基本ですが、生足に足袋だけではつま先に風が当たり冷えやすくなります。
防寒草履や草履カバーなどはありますが、デザイン性が高いものはあまりないため、せっかくカワイイ振袖を選んでも、あまりマッチしないことが多いです。

足の防寒対策でおすすめなのストッキングです。
目立たない色を選べば、履いていることはほとんどわかりません。
ストッキングは先を少し緩めに履き、親指と人差し指の間ををぎゅっと押してあげると、足袋を履きやすい形になります。
また足袋が履きやすい様に、五本指になっているストッキングもありますのでチェックしてみてください。

それでも心配だという方は、その上から暖かいハーフパンツを履くといいでしょう。裾がめくれた時に見えてしまうとかっこ悪いので、膝くらいまでのものにしましょう。
ただし、パンツと長襦袢の素材によっては、静電気が起き歩きづらくなる場合があるので、事前に確認しておくと安心です。もし静電気が起こる場合は、静電気防止剤を使ってみてください。
また上から帯で締めてしまうと脱げなくなってしまいますので、ストッキングやハーフパンツを着用する場合は、股上が浅いものを選ぶのがポイントです。

○ 腕の防寒対策

腕の防寒対策は、肘くらいまである長めの手袋やアームウォーマーがあると安心です。
指先の切れているアームウォーマーであれば、かわいいネイルもばっちり見せられますし、食事やスマホを操作するときにも非常に便利です。

○ 首の防寒対策

振袖は衿の後ろの部分を抜くため、首の後ろから風が入りやすくなります。移動中や、会場の外での待機中であれば、ショールがあると便利でしょう。
ただファーショールは普段あまり使用する機会がないので、購入したりするのはちょっと…という方もいるかもしれません。そんな方はストールでもいいでしょう。
和装のものでなくても、洋服用のものでOKですので、成人式が終わった後も普段使いできます。

もう1つの首の防寒対策としてとしては、小さいカイロを貼るというのも良いでしょう。もちろんカイロが見えると恥ずかしいので、首の付け根の周りから見えない位置に注意して貼ってください。

いかがでしたか?
寒さ対策は住んでいる地域や会場によっても異なりますので、まずはそういったことをチェックした上で、事前に着付けをしてくださる方にも相談しておくと、当日の着付けもスムーズに進むでしょう。